カードローンのコツ|即日借りる現金融資のポイント

規制のルールを理解する

規制のルールを理解する

数年前に貸金業法が改正され、「総量規制」という規制が新たに導入されました。これは、個人の年収の1/3以上の額を貸すことを、キャッシング会社に禁じるものです。年収をはるかに超える、返済できないような額を借りる人が増えて社会問題になり、その対策としてこの規制が導入されました。

 

当時はパチンコ借金地獄にもあるような借金を重ねてしまう方が多かったので、利用者を保護するために設けられたものです。

 

注意しなければならないのは、これは1人の人に貸し付けをする各社が年収の1/3以内なら貸し付けできるということではないということ。複数の業者であれ1社であれ、1人の人に貸し付けできる総合計のお金が年収の1/3以内でなくてはいけないということです。その意味で「総量」規制という名になっているわけです。

 

たとえば年収300万円の人なら、合計100万円のキャッシングができます。すでに借り入れが100万円を超えている人には、どの業者も貸すことができないのです。

 

ただしこの総量規制には、いくつかの例外があります。まず、複数の業者からの借入を1社にまとめる「おまとめローン」には適用されず、利用することができます。実際おまとめローンを使い、利子負担を軽減する人は多いです。また住宅ローンなど、担保のある借入は利用できます。

 

これから融資を受けようとする人もいま借り入れしている人も、この総量規制を頭においておく必要があります。