カードローンのコツ|即日借りる現金融資のポイント

職種による借り入れの有利不利

職種による借り入れの有利不利

キャッシングの利用申し込みをする時には、さまざまな個人情報を申告します。その一項目として、現在就いている職業があります。審査にあたっては、職業も大きな判断材料となります。貸金業者は、融資したお金の返済が滞ることを警戒するものです。確実に返済を受けるため、利用者に安定した継続的収入があるかどうかをチェックするわけです。

 

最も審査を通りやすい職業は、公務員です。景気に左右されない職業である上、リストラや倒産などの心配もありません。相当の事情がない限り、仕事を辞めるという事態にならないのも大きな強みです。会社役員や大手・中小企業勤務の会社員なども、安定した収入が見込めるため審査のスコアリングが高くなります。

 

逆に審査でマイナス評価を受けやすい職業もあります。職種にかかわらず、派遣社員・パート・アルバイトの人は評価が低くなりがちです。正社員に比べて雇用や収入が不安定であることが、不利になる点です。

 

自営業・水商売・日雇い労働などの場合も、マイナス評価となる可能性が高くなります。「安定的収入があるかどうか不安視される」「急に仕事を辞めてどこかへ移動してしまうことがある」などが理由です。

 

貸金業者では、収入額の多さではなく安定性を重視する傾向があります。「年収1500万円の自営業者」と「年収300万円の地方公務員」では、後者の方が高評価を得られます。毎月一定の収入があり、きちんと返済してくれる人に融資したいということです。

 

もっとも、職業以外の属性で良い評価を得られれば審査を通ることができます。あまり職業にこだわり過ぎず、正直に申告しましょう。